お得情報

早起きが徳かは結局人によるところが大きいと実践して気づいた

早起きは徳か

どうもです、ももです。
早起きは三文の徳と聞いたことある人が大半だと思います。
本当に得?徳?なのか!と思って約1か月早起きをしてみました。

早起きを1か月して思ったメリット/デメリット

ブログを始めたタイミングで早起きを始めてみました。
1か月経って僕なりに感じたメリットとデメリットを紹介します。

メリット

  • 朝バタバタしなくなった

家出る1時間前には起きているので、ゆっくり食事してコーヒー飲んでます。
以前は家出る20分前に起きてて、もう本当に大忙しな朝でした。

  • 遅刻しそうになることがなくなった

家出る20分前の時は少し寝坊しただけで遅刻してしまいそうになったのですが、1時間前も早く起きるので時間にかなり余裕があります。

  • 忘れ物しなくなった

これもバタバタしなくなったためだと思います。

  • 朝に記事を書いたり、勉強ができる

僕は集中力がないタイプなので、夜に記事かいて勉強ってのを出来なくて。。でも朝になにか一つ回すことで、やりたいことを集中力をもって出来ます。

  • お通じがよくなる(元々便秘気味ではないけど)

元々便秘気味ではないのですが。朝食を食べているからか、お通じが良い気がします。

デメリット

  • 早い時間に寝付けない

早起きを始めた当初はなかなか寝付けなくて。かなりしんどかったです。けど早く寝なきゃ早起きもできないし。最低7時間は寝ないとと考えていたので頑張って目をつむって羊を数えてました。

けど当初は5時間半睡眠とかになってました。早く寝なきゃというのは余計に眠れないですね。

  • 早く寝なきゃと使命感

上記と似たようなデメリットですね。早く寝なきゃと思うと、夜そわそわします。少しでも、帰る時間が遅くなると焦ります。笑

なんか時間に追われています…

  • 少し早めに会社についてしまう

朝時間に余裕がありすぎて、ついつい早めに家を出て会社に着くのが早くなっちゃいます。朝早く行っても1円にもならないので、遅刻しない程度に出勤が1番効率いいです。

これからも早起きは続ける

正直僕の早起きって1時間半前ぐらいしか早く起きてないので、早起きになるのかも少し微妙…?

けど、僕自身は朝に記事一つ書いておいたり、英語の勉強が終わってたりすると安心感があります。夜やらなくていいんだ~と言った感じです。

記事に関しては、夜も書ける時があって1日に2記事更新できます。
それと、朝書く時間がなくてもタイトルとパーマリンクと見出し2だけ考えて家に出ます。

その方が夜記事書くすんなり書けます。これ本当にお勧めです。
ただ、これは寝るまでもいいのかなぁって。なので最近は寝る前にタイトルとか作っておいて朝記事更新。夜にアップロード。夜また記事書く。とやってます。

今はこのペースが段々掴めてきて自分に合ってきましたが。
結局早起きについては人それぞれです。夜の方が行動できる人が無理に早起きする必要もないです。

なので、一定期間早起きして自分の生活が良い方に変わるか試してみるのをお勧めします。
無理に辛いのに続ける必要はないと思います!