お得情報

ルームシェアを初めて2カ月が経ちました。快適です。

ルームシェア

ルームシェアをしてもう早2カ月が経ちました。

当初は少し不安などもありましたが、特に大きな問題はなく今のところ快適な生活を送っています。

この記事はルームシェアを検討している方や、ルームシェア中の方に向けての記事です。
まだ僕らは2カ月しか経っていませんが、僕なりにルームシェアがうまくいくコツなどがあると思っていて、そのことも書いています。

ルームシェア2カ月目経過!快適!

4月からルームシェアをして2カ月経ちました。

https://momo63.com/2019/04/room-share001/

当初はお金もなかったので少し渋々ルームシェアしてる感がありました。
正直、不安もありました。

彼女と住むのとはまた違います。同性で友達となると。

けど、今2カ月経過して思うのはルームシェア特に不満もなく快適だ!ということです。

ただ、じゃあ全員が全員ルームシェアを同じように快適だと思うか?と言われると違うと思います。

ルームシェアが快適な理由を紹介

僕がルームシェアを快適だと思っている理由を紹介していきます。

個室があって食寝分離になっている

これはずっと一人暮らしのときに憧れていた環境です。

どうしても一人暮らしだと食事をした空間にベッドがあって、そこで寝ないといけません。
それが僕は少し不満でした。

でも、一人だけで1DKや1LDKに住むとなると家賃も上がってくるし我慢が1番だと思っていました。

けど、ルームシェアをすることでその願いが叶うことになりました。

僕らは2DKに住んでいて、各々の個室とリビングがあります。
食事はリビングで済ませて、個室に移動する生活となります。

もう、これが本当にうれしい。寝るときにご飯の匂いが残らないし、ベッドにも匂いが染みつかない。タコパしても平気平気。

https://momo63.com/2019/04/room001/

個室が隣ではなく離れている

物件選びの際に、各々の個室があることは大前提でしたが、もう一つ僕らは隣同士にならないことも必須の条件としていました。

間取り図でいうと、以下のように壁1枚の向こうに同居人の個室がある間取りです。
ルームシェア2カ月

この場合、壁1枚しかないので同居人と生活音とかがうるさいのではないかと懸念点があったからです。

なので、僕らは以下のような間取りを選びました。
ルームシェア2カ月
個室と個室の間に物入のようなものがある間取りにしました。
それと下側の個室のクローゼットが上の方にあるので、余計に個室と個室の間に物があります。

お陰で、お互いが個室にこもっているときは向こうがいる気配すら感じません。

ただ、僕の個室側が玄関とトイレに近いので、相手がトイレいったときや帰ってきたタイミングなどは音がするのでわかります。

逆に相手はリビング側なので、僕は夜遅く帰宅してリビングでご飯を食べると気づくと思います。
基本、夜遅く帰るときにリビングで自炊してまでご飯を食べないので特に物音は気にならないそうですけど、、

本当にこの間取りにして正解だった。

家事などのルール決めなし、洗濯物を各自

特に僕らはルール決めはないです。

よく洗濯物とかどうしてる?と聞かれますが洗濯物が各自でやっています。

ただ、これは後でよかったと思ったことですが
僕らの家はベランダがかなり広いです。

だから、洗濯を干す日が被っても二人分干せるので、ベランダが広いことで助かっています。

洗濯物もトイレのタオルとかキッチンのタオルは?となりますが、それは僕は基本洗っています。

食事についても決めごとはなくて、一緒に夜いるときは一緒に作ります。
今日はどちらも各々で同居人分の材料も買って帰ってきてました。笑

掃除も特に担当もなく、気づいたらお互いが掃除機かけてます。

あと、基本的に僕が気になるタイプでもあるので率先して掃除などをしてます。

それと同居人がご飯を作ってくれてる間に軽く掃除したり、ご飯作ってくれてありがとうの気持ちを込めて掃除してますw

基本的に何でも割り勘

光熱費は割り勘です。どちらがどれほど使ったとかは正直わからないので割り勘。

ただ、これは少し問題でもあるかもしれません。
僕らは二人とも節約したいといった目的があるので、できれば電気代は安い方がいい思っていますが、相手が「電気代とか何円かかってもいい、でも割り勘で」という考えだと自分の負担が多いんじゃないのか?と思ってしまいますので、そこは要相談してください。

食事についても基本的に僕らは割り勘してます。

カレー費に1000円かかったとしたら、食べた量とか関係なく500円ずつ払ってます。

大事なのは細かさは捨てて寛容になること

色々書きましたが、大事なのは寛容になることです。

食事や光熱費の割り勘も、自分のが食べる量少ないとか、自分は全然電気使ってないとかそう言い出したら多分うまくいきません。

もちろん限度はあります。

相手は自分と同じ価値観でも考えでもないです。他人だし、今まで生活環境は異なったとこで暮らしています。

多少の違いは受け入れること、大目にみること、思いやりをもつこと。

自分のが掃除してる、自分のが我慢しているとか、そういったものはあります。僕もたまに相手がクーラーつけっぱなしだと思います。

でも、自分自身気づかないところで向こうにも多少の不満を抱えてさせていると思います。

完璧な人間なんていないので、お互いがお互いに多少は許しあうことが大事。

ただ、許しあうことが大事だとは言いましたが
どうしてもここだけは許せない部分はしっかり伝えましょう。

そのさじ加減が難しいですが、一つ屋根の下で過ごしていると前よりも深い関係になって色んな話が出来るようになります。

関係が深くなることで言いやすくなると思います。

一度彼女と同棲していた時期があったのですが、僕はそのとき寛容ではなかったし、思いやりもなかったと思います。

相手が食事を作ってくれたら、声に出して感謝を伝える。掃除してくれたら感謝を伝える。
じゃあ自分は洗い物をするとか。そういった相手に感謝をもつことも大事。

今回ルームシェアをして改めて気づかされました。

以上。
僕のルームシェアが快適な理由でした。